カードローンの審査に通らないのは

キャッシングを利用するなら消費者金融より銀行カードローンを利用したいと思い、申込をしてもカードローン審査に通らないことがあります。
なぜ通らなかったのかという理由は、聞いても教えてくれないので推測するしかありませんが、口コミなどの情報から通らなかった原因が見えてきます。
「半年以内に複数社への申込をしていた場合」
すぐにお金が必要なときは、どこでもよいから何社か申込んでおいて最初に審査に通ったところへ申込もう、という考えで短期間に複数社へ申込をしてしまうことです。
この方法は絶対に避けるべきで、審査は申込書と信用情報機関の個人情報をもとに行われます。
信用情報機関の個人情報には申込履歴が記載されるようになっていて、どこへ申し込んだのかがすぐにわかります。
担当者は「他社へ申込をしているけれど借りられなかったのは何か問題があるのでは?」と疑われてしまい、審査に通るのが難しくなります。
「他社での借入があると審査に通りにくい」
銀行は審査をするとき、申込者の年収や借入などのお金の取引に関する情報を信用情報機関の個人情報の履歴を確認します。
そのなかで審査に落ちてしまう大きな理由のひとつになるのが、収入に比べて、年間のローン返済比率が高いことが考えられます。
仮にいくら収入が多くても、ローンが多い人はそれだけ返済に追われているため、これ以上貸しても問題ないのかというようにその人の金銭管理能力を疑われてしまいます。
具体的に審査でチェックするのは「他社からの借入があること」など。複数社から多額のローンを借りている場合、審査に通りにくいですし、仮に審査に通ればよいのですが、通ったとしても借入希望額は減額しての契約になります。
「クレジットカードや携帯電話の返済が遅れたとき」
日頃なにげなく利用しているクレジットカードや、携帯電話の使用料など、遅れていてもすぐに返済すればそれで大丈夫と思っているかたもおられますが、これらや公共料金で遅延などがあると個人情報に遅延や延滞があったことが記載されます。
このことは「自分は大丈夫」と思っていても、利用状況にこれらのことが記載されていると「返済が遅れるということは、これ以上貸しても返済できないのでは?」と思われてしまいます。
クレジットカードや携帯電話の返済遅れが原因ということは気が付きにくいものです。
自分の信用情報は調べることもできるので、審査に通るためにも把握しておくことも重要になります。

即日融資も可能なキャッシング

最近のキャッシング業界は、顧客獲得競争が過激しています。
各社とも様々なサービスを駆使して、なんとか多くの顧客を得ようとしています。
前に説明した「無利息サービス」もその一つです。
キャッシングを利用したいと考えている方の中でも、「即日融資」はニーズの高い項目です。
日常生活の中では、どうしても急にお金が必要になることがあります。
「なんとかして今日中にまとまったお金をそろえなくてはいけない」
このような方にとっても、非常に利用しやすいのが現在のキャッシングです。
「即日融資」対応のキャッシングの申込から審査完了までの時間は、最短で30分程度。
審査が完了すると、即カードが発行され、その場で現金を引き出すことが可能です。
これまでは審査結果が回答されるまでに数日間要していたこともありました。
急な出費だけではなく、審査結果を受けるまでの時間は、申込者にとって不安なものです。
それがこれだけ短縮されているのですから、精神的にも安心できるのではないでしょうか。
申込方法の多様化も、即日審査には大きく影響しています。
特に「インターネット」を利用した申込では、自宅に居ながら申込が完了しますので多忙な方でも安心です。
融資金の受取を、指定した銀行口座への振込にすると、その日のうちに振込を完了することも可能です。
例えば家賃の返済日を忘れてしまい、銀行に行く時間が無い、というニーズにも応えることができるのです。
通常、振込手数料が無料で利用できることも嬉しいポイントです。
インターネットの急速な普及は、私達の生活を大きく変えることになりました。
それはキャッシングの審査のスピードにも大きな影響を与えることに成功しています。
必要な情報をネット回線を利用して瞬時に得ることができることは、審査スピードを格段に向上させたのです。
当然、わたしたち利用者にとっても利便性が向上したことはいうまでもありません。
ただし、キャッシングの即日融資を受けるにはいくつかの注意事項があります。
まずは、審査が順調に進んでいくという条件です。
収入やその他の審査項目に問題がある場合は、その分時間を要することになります。
また申込内容自体にも注意が必要です。
住所や電話番号の記載に誤りがあると、審査が前に進みません。
単純な記載誤りでも、確認がとれなければ、結果回答ができませんので注意が必要です。
審査をスムーズに進めるには、必要書類を完璧に整えることも大切です。
本人確認資料や収入確認資料を確実にそろえたうえで申込を行うようにしましょう。
審査が進むにつれて追加の書類を要求されることもあります。
連絡をすぐに受けることができる体制に注意するとともに、要求された書類をすぐに準備するようにしましょう。
次に、申込の受付時間です。
いくら即日融資が可能だからといって、夜の遅い時間に申込んでもその日のうちに回答を得るというのは無理な話です。
即日融資を可能とするには、最低でも平日13時、できれば午前中には全ての手続きを完了させておかなくてはいけないでしょう。
振込サービスを利用する場合には、金融機関の営業時間にも注意です。
通常当日の振込受付は、平日の14時となっています。
それまでに審査を完了して振込手続きが済まなければ、融資金の受取りは翌日以降になってしまいますので、余裕をもって申込を行うようにしましょう。